このエントリーをはてなブックマークに追加

真夜中のあのうっとおしい蚊を撃退する良い方法|ぷーんとくる!か

  今日も多くの方に読んで頂いておりますBabBubを選んで頂き、まことにありがとうございます


真夜中に蚊が出た

ぷ~ん・ぷん・ぷーーーん!!出た!!!
屁ではない。
あの忌々しい「か」だ!!




屁のでもって、ふっ飛ばしてしまうか、屁の臭いでもって撃退でもできれば、しめたものであるが、蚊に屁は効かない。

明日も朝早い。
しっかり、睡眠をとらなければならない。
そんな時に蚊。

さて、今から電気をつけて、蚊とバトルするか。
それとも、蚊は無視して、そのまま寝るか。

8割以上の方は、電気をつけて、蚊との深夜の格闘を繰り広げるそうです。

安心してください。
深夜に激しい格闘を繰り広げなくとも、蚊をだまらせる良い方法があります。
ちなみに、屁ではありません。
繰り返しになりますが、蚊に屁は効きません。

真夜中のあのうっとおしい蚊を何とかしてやる

そもそも、「か」というのは、体温や、はく息を感知して、よってきます。
「か」を撃退するのに、よくやる手としては、ぷーんと耳元に来た、「か」を一旦、わざと止まらせて、その直後すぐさま、止まった箇所をたたくというものです。

この方法は、いいんですが、パチンの直後、また、ぷーんと音が聞こえた時、失敗を自覚しショックが大きいです。
更に、耳元に飛んできた「か」は、顔付近に止まる事が多く、結局、深夜に、自分の顔や頭を自分の手で、パチン・パチンと、誰かに起こされているかの様に、たたく事になります。

一発勝負で撃退したい!!のであれば、次の方法が良いです。
しかし、これは、パチン・パチン程ではありませんが、多少の被害を受けます。

が、

一番の安心感を得られる方法です。

多少の被害はあるものの安心した眠りを手に入れる方法

実は、蚊は、皮膚に止まった時点で、血を吸わなくても、かゆみをもたらします。
つまり、止まらせてからのパチンでは、すでにかいぃのです。


であれば、こうします。
蚊を止まらせます。
そして、ここでパチンはせずに、何もしません。
そうです、あえて血を吸わせます。

どうせ、蚊が止まった時点でかいぃのですから。

蚊はバカな程、血を吸います。

補足ですが、日中にでも、腕に蚊を止まらせます。
そして、血を吸わせます。
おなかが、膨らんだ蚊は、飛び立とうとするですが、そこで腕に力を入れます。

すると、蚊は、蚊のストローを腕から、抜くことができずに、飛びたてなくなります。



話を元に戻します。
ストローを抜くことができない状態で、パチンでしとめるという方法もあります。

しかし、真夜中の蚊で、耳元でぷーんと飛んでいます。
顔に止まりました。

さぁ顔に力いれて、ストローが抜けなくなったところでパチン。
ちょちょちょっと待って!!

顔に力が入りません。

そこで、散々吸わせたあげく、電気をつけるわけですね。
たっぷりと血を吸った蚊は、もの凄く遅いです。

酔っ払いみたいにヨロヨロ飛びます。
簡単にしとめる事ができます。


多少の被害というのは、一度血を吸わせなければならない事です。
しかし、それ以降は蚊を撃退していますので、安心して眠りにつけます。

えっ!!

2匹いた場合はどうするのかって?

2箇所吸わせて下さい。

安心してください。
吸わせなくても、蚊から逃れる方法があります。

真夜中!もぅ吸わせない!!蚊の良い撃退方法

1回でも血を吸われてしまうと、今度はかゆくて眠れませんよね。

今度は、一度も血を吸われずに、蚊を撃退してみせます。

その方法は、そうです、扇風機です。
扇風機で風を送るのです。

扇風機って、暑い時、風を送って、体の熱を冷ますイメージがありますよね。
その風を利用して、「か」を吹き飛ばすのです。

そもそも、「か」は軽いため、ちょっとした風に、吹き飛ばされてしまいます。
外でも風のある日は、「か」は飛んでいません。

じゃぁ、「か」はみんな吹っ飛ばされているか!というと、そうではありません。
風のないところでじっとしてるんですね。

つまり、風のある外の様に、扇風機で風をおこすのです。
体にずっと扇風機をあてていても良いのですが、そのせいで体がだるくなっちゃう人もいます。

扇風機の首を振りながら、部屋の上空に風を送り、気流をつりましょう。

「か」は近寄ってこれません。


しかし、この方法にも欠点が。
そう、扇風機がない場合です。
最近は、扇風機よりも、冷房主流です。

扇風機がない時、この方法は使えません。
冷房の温度を限界まで下げますか?
それでも良いですが、「か」一匹を撃退するのに、電気代のコストが高くなりすぎてしまいます。

どんな時も適応可!真夜中のあのうっとおしい蚊を撃退する良い方法

ぷーんとしました。
鼻ではなく、耳で感知しました。

来ました!!蚊です。

そんな事もあろうかと、準備していたものがあります。
それは、リラックス効果もあり、眠りに持って来いの物です。

じゃぁじゃーん。

「アロマセット」並びに「お線香」並びに「酢」

どれか1つで構いません。
香取線香があるなら、迷わず香取線香ですが、その代わりの物として、臭いを出すものを置くと、蚊が嫌がって逃げていきます。

アロマやお線香なんかは、リラックス効果もあるので、睡眠にももってこいですよね。

ただ、生きてる人間が、お線香たきながら寝るってどうなの?って感じもあると思います。
そんな人は、お香でも良いかもしれませんね。
蚊はいなくなります。

アロマに関しては、冬にたく傾向がありますが、夏にこそ良いです。
ミント系でさっぱりした感じだと、冷房の温度を1度上げても、良いかもしれませんね。

まとめ


これまで、真夜中に、ぷーんとくる、あのうっとおしい蚊の撃退の方法について、書いてきました。
結局、最初の方法である、1回だけ吸わせてあげる以外は、何かしらの道具を使うわけですが、道具には頼らないんだ!というのであれば、やっぱり最初の方法が確実でしょうか。

また、最初の方法以外は、蚊を撃退しているわけではありませんので、また次の日、現れる可能性があります。

しかし、本当に真夜中にぷーんと来る、あの「か」と言うヤツは、うっとおしいものですね。

次は

働く女性、男性!働く事について考えてみよう|中小企業も大企業も経営者ではない働く人へ

キャーと声出し手のひらで目を覆うも指の隙間から凝視|見たい衝動

をお送り致します♪







■オススメサイト ■現在のオススメ記事 ■過去のクサレ記事リンク--201611-201702--
  • プレゼントのヒント
    彼氏彼女や子供!プレゼントで迷う時はコレ


  • IT関係
    パソコンやブログ運営やSEO対策までも!


  • 上手な生き方
    上手に生きる人が恋愛結婚子育て仕事!人生成功する


  • 知識
    知らないより知ってる方が得!知識を得て経験値を増やす