このエントリーをはてなブックマークに追加

つれションに学ぶ!人を動かすコツ|シッコでなくても行ったでしょ

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


最初に誤らなければなりません

まだ、始まっていませんが、最初に誤らなければなりません。

既にお気づきになったかもしれません。
そう!誤らなければならない事!それはタイトルです。

誤解を招きますよね。
「シッコでなくても行ったでしょ。」

本当は「シッコ出なくても行ったでしょ」という意味です。

「シッコでなくても行ったでしょ」の場合、「シッコで、なくても行ったでしょ」と変な誤解を招く可能性があります。

えっ変な誤解って!?



シッコでないとすれば、うんこかもしれませんし、シッコと言えばトイレですが、トイレにシッコじゃなく、仮にうんこでもないとしたら、な・何しに行ったんだって!?誤解の元です。

誤解を招く様な表現、すみません。
そして、最初からくだらない話、重ねてすみません。

さて今回は人を動かすコツをつれションに学びます

人を動かすって、何も権力だけを行使してるわけではありません。

人を動かすにおいて、最善と思われるのが、動かされた本人の意思で動いたという事です。
つまり、人を動かす様に誘導し、実際動かされた本人は、他人に動かされたなんて意識もなく、自分の意思で動くという事です。

実は、話の上手な人はこれをメチャメチャ活用しています。
例をあげるとするなら、悪質な宗教団体の教祖。

過去には、尊師の為にと、自分の人生や命でさえもかえりみず、人道を外れ、世の中をぶっ潰そうとした宗教団体事件もありました。

人が自分の思い通りに動いてくれると、気持ちよくないですか!?
変な意味じゃなく、親近感が湧いたり、友達意識が強くなったり。

仕事の上でも、人に動いてもらわなければならない事だらけです。
それで、うまく人に動いてもらえる人って、やっぱり仕事ができるんです。


人を動かす力って、人間的な素質や魅力なのでしょうか。
イヤ、違います。
つれションだって、休み時間、「ねぇトイレいかない!?」って誘われると、行っちゃうもんなんです。
あの人は、人間的な素質があり、魅力的だから、「いっしょにシッコしたーいっ」とはなりませんよね。

気付いたら、トイレにいる様な。
そして、せっかくトイレまできたんだから、自分もしよーと思って、ブツを出して、便器に向かうんですが、チョロッと1滴。
スズメの涙です。

あっすみません。
ここでも誤解を招く表現が・・・
ブツを出して、便器に向かうんではありません。

当然、便器に向かった後で、ブツを出します。
ブツを出して、便器に向かうんだったら、いつからそのブツは出てたんだッ!!ってね。

時々、ギリギリの時は、ブツを出しながら、出たと同時に、出す時もありますけどね。
男限定ですね。
この時、スズメの涙どころの話ではありません。
「口から先に生まれる」ではありませんが、ちんポから先に生まれたんではないかというぐらい、大量です。

つれションを応用し人を動かす

どんな事で、人に動いてもらいたいですか。
そして、人に動いてもらい内容は、自分にもできる事でしょうか。


動いてもらいたい時って、いくつもありますので、その時にはちょっとこの記事を思い出してみてください。



今回は例えば、「家が散らかっていて、掃除をしてもらいたい」としますね。

その時、「ねぇ!家が散らかっているでしょ、掃除して!!」っつっても、動いてくれる可能性はゼロに近いでしょう。
「こっちだって仕事で疲れてんだ。」
「散らかってるって思うんだったら自分でヤレって!!」言葉に出さずとも、内心はこんな感じかもしれません。

そこでつれションを思い出します。
ションベンしている姿ではないですよ、本人はションベンも出ないのに、なぜ、他人のションベンについてきてくれるのか。

それには答えがあります。
それは誘い方です。

「ねぇトイレいかない!?」は「ねぇトイレいかない!?一緒に」の「一緒に」が暗黙の了解で含まれています。
つまり、「一緒に」と誘う事で、人を動かす事ができるのです。

「ねぇ!家が散らかっているから一緒に掃除しましょ!!」って言うと、どうでしょうか。
こんな言い方をされると、掃除してもいいかなぁってなりますよね。
動いてくれる可能性は、いっきに100近くになります。



子供は自由ですよね。
自由であるべきです。

楽しく遊び終わった後も、他に楽しい事をしたい。
そんで、そのまま遊び終わった後片付けもせずに、他の遊びを始めたら、家は散らかってしまいます。

かといって、大人だけが後片付けをしていたんでは、子供の教育的によくないのかもしれません。
しかし、どうやって子供に後片付けをさせたらよいのでしょう。

これもつれションと同じです。
「一緒に片付けましょ。」こうやって誘えば、自由な子供だって動いてくれるんです。

人を動かす事って、難しく感じますが、言葉のかけ方だけでも、人を動かせるかどうかはゼロにも100にも近づきます。

次は

お祭りが過疎化から地域を救う|祭りがあるから地元に住む

牛ホルモンより豚ホルモンの方がおいしいかも|豚ホルモンの裏話付き

をお送り致します♪







■オススメサイト ■過去のクサレ記事のまとめリンク