このエントリーをはてなブックマークに追加

1度読んだ本に2度目はない?|読書は読めば読む程何回も味がでる

  今日も多くの方に読んで頂いておりますBabBubを選んで頂き、まことにありがとうございます


情報は流される

ジャ~~!!
流されます。

うんこじゃありませんよ。
情報です。

情報は流されます。

今回は読書の話です。
今は10月初旬ですが、今年は現時点で60冊の本を読みました。

ヘビィー読者の方からしてみれば、フンころがしが、うんこをこしらえるより、小さい数字に感じる事でしょう。
しかし気付けば、60冊。
今年は相当読書したなぁと、学者気分です。

実は60冊といっても、1回読んだだけではありません。
最低2回、多い本は7回か8回、繰り返して読んでます。

現代は情報化社会でしょ。
テレビ、新聞、インターネット、SNS、情報は垂れ流し状態です。

何でもかんでも情報!情報!!情報!!!
そんなもんだから、コレッ!!という情報も実は流されています。




読書から得る情報も流される

いろんな情報が、あふれています。
不必要な情報は、拾い上げたとしても、無意識に捨てます。

捨てなければ、情報の嵐にのまれてしまうからです。

読書の場合は、己の意志で本を開いて、読もうとして読んでます。
情報の嵐が襲ってくるわけではないんですが、読書でもやっぱり情報は流されているんです。

どういう事かというと、情報の垂れ流しとは言いませんが、読んだ情報は次から次に忘れています。
つまり、忘れるという事は、無意識に情報を捨てる事と同じです。

「1度読んだ本に2度目はない」と、本をあさり読みし、目にとまった、必要な情報だけをピックアップするという読書の仕方もあります。

しかし、これでは、読書した気になっているだけかもしれないし、大量の本を購入する為、お金もかかります。

10ヶ月で60冊程度の本代だったら、大したことないじゃやない!!って思われるかもしれません。
自己投資だろっ!!って。

実は、読書は、何回でも読めば読む程、おもしろさがましますし、味がでます。



読書は読めば読む程何回も味がでる

新幹線での移動、飛行機の待ち時間、小説を読んでる人ってかっこいいですよね。

あこがれます。

それで、小説を買って読むんですけど、読んだ先から忘れてるんです。
状況が浮かぶどころか、「船が浮かんでます」と書かれていても、口ぽか~んの状態です。

目で字を追ってるだけなんでしょうね。

コレが1回目の読書。

1度読んだ本に2度目はない!!ではありません。
2度ある事は3度ある!!の精神で、同じ小説を何回も読みます。

すると、見事に風景が頭に浮かびます。
もぅ、「船は空を飛んでますよっ」ていうくらい、軽~い感じですぅ~と文字が映像に変わります。
小説の中に引き込まれてます。

3回目、深い部分が分かります。
そうか、こういう事だったんだって、理解が深まります。
読書の理解する力がついた証拠です。
深い部分は、3回目で分かる事もありますし、5回目で分かる事もあります。

繰り返します!!読書は読めば読む程何回も味がでるんです。



自己啓発本は読むだけじゃNG!!取り入れてなんぼ

自己啓発本は読むだけじゃダメです。
読んで理解して、取り入れなければ意味がありません。


読書で得た情報を、いいなぁと思っても、実際どのくらい取り入れられてるでしょうか?

読書で得た情報も、ジャ~ッと流されています。
読んだ次の日には、頭の中にその情報はありません。

読書!成長!!

読書で成長したいと思うなら、何回も何回も同じ本を繰り返し読む事です。

長い間眠っていた本を再び読み返してください。
そして、考えてください。
この本から得たどれだけの情報を、今生かす事ができてるだろうかと。



最新情報が必要な場合は、必要な情報だけをピックアップするという読書の仕方の方が良いでしょう。
この情報がほしいという様に、限定情報のピックアップであれば、味や理解力よりも、スピード重視です。

味をだすという意味では、小説でも自己啓発本でも、何回も読む方が、断然良いです。
読書に深みがでますので。

次は

相手を試す資料の作成方法|逆に報告を受ける側なら気をつけろ

初めてのゴルフ場!コースや地図を確認しナイスプレイ|ネット予約も

をお送り致します♪







■オススメサイト ■現在のオススメ記事 ■過去のクサレ記事リンク--201611-201702--
  • プレゼントのヒント
    彼氏彼女や子供!プレゼントで迷う時はコレ


  • IT関係
    パソコンやブログ運営やSEO対策までも!


  • 上手な生き方
    上手に生きる人が恋愛結婚子育て仕事!人生成功する


  • 知識
    知らないより知ってる方が得!知識を得て経験値を増やす