このエントリーをはてなブックマークに追加

小さいお風呂で極上のリラックス|コノ方法の効能!目肩腰と頭に効く

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


お風呂

お風呂は汚れと一緒に疲れを落とします。

ほぼ毎日入るお風呂、普通に入って普通の効果を得るよりも、温泉に入った時の様な極上のリラックスと効能を得たいものです。

それ、可能です。

気になる続きを読む


自宅のお風呂が小さいか分かりませんが、小さいお風呂で極上のリラックスと効能を得る事ができます。
自宅にいながら、毎日温泉に入っている様な感覚です。

効能

湯船につかるだけでも、リラックス効果があります。
極上のリラックスと効能を得る為の方法は、後ほど紹介するとして、最初に小さいお風呂で目肩腰の疲れを取りやすくする方法です。

タオルを使います。
タオルをお湯であたためます。

湯船につかった時、このタオルを首に敷きます。
首をあたためる事により、血行が良くなります。

血行が良くなると、下がった肩は持ち上がり、元気を取り戻します。

再度タオルをあたためます。
今度は、あたたまったタオルで目を覆います。

硬く重たくなったまぶたは、あたためられる事によって、筋肉がほぐれ、電球を交換した様に、パッチリ開きます。

湯船につかると、水圧がかかっています。
その水圧は、下半身に溜まり戻りにくくなった血液を、上半身に押し戻してくれます。

気付けば腰に添えている手の1000倍の効能で、お風呂のお湯が腰を包み込みます。

お風呂に入って、ちょっと工夫するだけで、こんなにも効果があるものかと実感する事でしょう。



更に、あとほんのちょっとの工夫を加えるだけで、小さいお風呂で極上のリラックスができます。
それは、頭をだます事で、温泉に入った時の様な極上のリラックスと効能を得るものです。

コノ方法の効能は、目肩腰に効くだけでなく、頭にも効きます。
イメージにより頭が活性化されます。

脳をだます

そもそも脳というのは、イメージと現実を区別できません。

イメージが臨場感あふれるものであれば、脳はソチラを現実として認識してしまいます。

例えば、バイクが横切ります。
セクシーな女性が運転し、小さな男性が後ろに乗っていました。
セクシーな女性の印象が強く、後方の男性には目がいきませんでした。
実際2人乗りしていたバイクでしたが、脳は、バイクに乗っていたのは1人だったと認識します。

脳の錯覚といいますか、この脳の性質を利用するんです。
とっても簡単です。
イメージだけで良いんです。
イメージだけで、小さいお風呂で極上のリラックスと効能を得る事ができます。

イメージ

スポーツの世界では、イメージトレーニングが普及している様に、イメージは当たり前の様に行っています。
脳が良いイメージをキャッチすれば、体はそのイメージ通りに反応します。
時間をかけてイメージすればするほど、イメージの臨場感は高まりやすくなります。

極上のリラックスの方法です。
湯船につかり目を閉じます。



湯船でイメージする時点で、既に温泉としての、基礎は完璧です。
なぜなら、裸ですし、湯に使っているのは現実なのですから。

温泉との差と言えば、においや風景という事になるでしょうか。
その差を埋めべく、あたかも自分が温泉にいるかの様に、イメージで臨場感いっぱいにします。

そうすると、脳は温泉に入っているのを現実として認識します。
温泉には効能があります。
コノ方法の効能は、なんでも自由に決めていいんです。
臨場感たっぷりのイメージができれば、実際にその効能の効果がでます。

しかし、良いイメージができたとしても、目を開いとき、現実に戻るではないか!!と思います。

安心して下さい。
時間をさかのぼる事ができなのと同様、イメージで温泉につかった時間は、失われる事はありません。
つまり、現実に戻ったので、極上リラックスや効能の効果が、失われることはありません。
極上リラックスや効能の効果は、現実に戻っても持続します。

最後に

ほぼ毎日お風呂に入っていると思います。
お風呂でのイメージを大切にしてみて下さい。

タオルで首や目をあたためながら、イメージすると、極上リラックスしやすいです。

温泉旅行に行った際は、お土産を買うかと思いますが、自分へのお土産として、温泉に入った時の良いイメージを持ち帰ってください。
イメージは、ただです。


良いイメージを持ち帰える事ができれば、自宅で何回も、同じ温泉に入る事ができます。
自宅のお風呂で、極上のリラックスと効能を得る事ができるのです。


 

次は

1度読んだ本に2度目はない?|読書は読めば読む程何回も味がでる

あせらない自動車運転の方法|これだけで運転中のイライラがゼロに

をお送り致します♪






■オススメサイト
■過去のクサレ記事のまとめリンク