このエントリーをはてなブックマークに追加

やればできると言ってる状態では絶対できない|一瞬で今の状態を脱出

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


人間はやらなくて良いならやらない

「お前はやればできるんだから!!」これはウソです。
やればできると言ってる状態では絶対できません。




また、やらなくて良いのにやる人はいません。
もしいたとしたら、おせっかいヤローです。

人間が行動するのは、2つのパターンのみです。

気になる続きを読む
・やりたいからやる
・やらないといけないからやる

補足ですが、「やらされる」もやらないといけないからやるに入ります。
本人の意思が両者の規準です。

やらなくても良い状態の時、やればできると言って、やる事をズルズルと先延ばしにしています。
実は、この状態が長く続くと、他の事に関しても、ドンドンできる事が狭まっているかもしれません。


やりたいからやるがベスト

本当にやらなければならない時、大抵の人はやります。

でも、「やらなければならない」は、ある種の我慢ですので、本領発揮ではありません。
これではもったいない。


やらなければならない状態で、やるんだったら、それは「やりたくてやっている」と考えを改め直すと、良い結果が得られます。

ここでは、「やりたいからやる」と「やらないといけないからやる」を比較しているわけではありませんので、詳細はまた別の機会にします。
もう記事にしてアップしていたかもしれません。

やればできると言ってる状態では絶対できない

やればできると言ってる状態の時は、絶対にできません。

それは、手をつけていないからです。
更に、それは、本当はやらなくても良いのものだからです。


だから、いつまで経ってもできません。
さらにこの状態が長く続くと、できる事はドンドン狭まっています。

どういう事か?

いろんな事に対するやる気がそぎ落とされていきます。

自覚症状はありません。
現れる症状としては、ダラ~としてしまう、睡眠時間が多くなるなどです。
集中力は下がり、やってはいるものの、効率は悪く、やってるフリに近い状態にまでなります。

しかし、この状態をやりたいまで持っていくと、激しいパワーで良い結果が得られます。
これは、やるべき対象だけでなく、恋愛や人間性にも影響します。



そこで、今回は一瞬で今の状態を脱出する方法を書きます。

一瞬で今の状態を脱出

やればできると言ってる状態を一瞬で脱出します。

通常、脱出にはきっかけが必要です。
そしてこのきっかけは、外部からの要因の場合がほとんどです。

例えば、いいからやれと怒られたとか、いよいよ締め切り日という場合です。

外部の要因でもきっかけがあればまだマシなのですが、今回は外部の要因なしで、一瞬で今の状態を脱出します。

その方法は、時間制約です。

やればできると言ってる状態は、「やらなければいけないなぁ~」と思いつつ、イマイチ気分が乗らない状態です。
こんな状態の時、時間制約を設けます。

今から1時間はコレをやると決めます。
1時間でできる事なんて知れているかもしれません。
しかし、時間制約で少しでもやったとき、相当集中しています。

1時間なら1時間の結果で構いません。
30分なら30分でも構いません。
時間制約の中で最善の結果を得ることに意味があります。
そして、この積み重ねが、できるという事になります。
更に、集中力は他の事でも発揮できる様になり、全体が快方に向かいます。

この体験を味わうと、意思は、何事にも、やらなければならない状態から、やりたい状態へ変化しやすくなります。
つまり更に、良い結果を招くというわけです。

やればできると言ってる状態では、まだやっていませんので絶対にできません。
そんな時、時間制約を思い出してください。


 

次は

花火の打ち上げ場所が変更になる時住民の反応は

スマフォ機種変の注意点|接続端子Type-Cで充電できない可能性

をお送り致します♪






■オススメサイト
■過去のクサレ記事のまとめリンク