このエントリーをはてなブックマークに追加

思考は行動に表れる!行動は思考を左右する|事実を陰茎の関係に学ぶ

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


はじめに

遠足前日、楽しくて眠れない。
スピーチ前、緊張して顔がこわばる。
反論する時、ムッとして、腕を組む。

この様に、思考は行動に結びつきます。

気になる続きを読む


行動に表れないよう意識したとします。

無駄です。
必ず、行動に表れます。

電車に乗っています。
隣の席は空いています。
電車は途中駅に止まります。

この時、お隣どうぞ!!の思考なら、無意識に狭く座り直します。
席を探している乗客をにらみつける事はありません。

一方、隣に座るな!!の思考なら、脚を広げ、威圧感を与える行動をしています。
普段より厳しい目つきで乗客を見てることでしょう。

この様な事実を陰茎の関係に例えて、学んでいきたいと思います。
たとえが、陰茎で陰気だ!!なら、途中をすっ飛ばして、「最後に」だけ読んで頂ければと思います。

思考に従わない体の反応

思考に従わない体の反応があります。

まず、お尻に神経を集中してみて下さい。
座っているなら、接触を感じると思います。
立っているなら、尻の穴のしまり具合いを感じとれます。
はたまた、ズボンとの接触を感じるかもしれません。

エッ!?
パンツは!!って。

はいたか、はかなかったか、記憶をさかのぼってください。

話を戻します。
神経を集中して初めて気付きます。
つまり、無意識の状態が存在しています。

ここでは、思考は行動に表れる、行動は思考を左右する事実を陰茎の関係に学びます。

陰茎が大きくなるのは、思考が行動に表れた結果です。

逆に、陰茎が大きくなった結果、思考する事もあります。
つまり、行動が思考を左右したのです。

思考が行動に表れた結果

思考が行動に表れた結果、陰茎は大きくなります。

どんな思考をしたか。

もちろんエッチな事です。

その後で、ダメダメ!!平常心平常心!!心の中で唱えるも、始まった行動は後戻りしません。

陰茎は素直です。
少しの思考が、大きな陰茎になります。

これは、思考が行動に表れた結果です。
行動に表れないよう意識しても、戻りません。
きっかけは、エッチな思考でしたが、行動は無意識です。

逆もあります。

行動が思考を左右した結果

繰り返しになりますが、今回は、思考・行動を陰茎の関係に学んでいます。

青年にありがちです。

突然!!陰茎が大きります。
思考が先だったとは、考えても考えきれません。

にわとりが先か、卵が先か!!、思考が先か、勃起が先か!!ではありませんが、行動が思考を左右する事があります。

陰茎が大きくなったので、そのままエッチな事を思考します。



たとえが陰茎じゃないといけなかったのか!?
疑問ですが、次項がまとめです。

最後に

思考は行動に表れます。
良い思考をすれば、良い行動をします。
結果、成功します。

お尻に集中した時に、初めてお尻の接触を感る様に、無意識の状態はあります。
同じ様に、思考と行動の関係にも、無意識があります。

また、思考と行動は、思考→行動の順番だけではありません。
逆の行動→思考の順番もあります。

重力に肩を引っ張られて歩けば、思考も貧弱になります。
後ろ髪を引っ張られ顔が上がる様に、まず上を向いて歩けば、続いて思考も上向きになります。

思考と行動の関係は、夫婦の関係に似ています。



思考がダメな時は、良い行動をし、良い思考に導きます。
行動がダメな時は、良い思考をし、良い行動に導きます。

思考と行動の関係が、夫婦の関係と唯一違う点は、バラバラになれば、人生の成功はないという事です。
思考と行動の関係を意識し、両方が長く良い状態でいると、人生イキイキします。


 

次は

仕事も会話もリズムが能力を引き上げる|組織で頭1つぬきんでる

人生は経験|金で経験値を得るが経験は金に変えられない価値がある

をお送り致します♪






■オススメサイト
■過去のクサレ記事のまとめリンク