このエントリーをはてなブックマークに追加

たまるのは性欲だけじゃない!ぬくという選択

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


ぬくのが恐怖

たまるのは性欲だけじゃない。
性欲ならHで解消。



コラコラ。
反応しちまったヤツ、お前は超若い。

気になる続きを読む
最初から話は脱線するが、若いときはとにかく立つ。
下の話をすると、妙にムラムラする。
今が盛りというヤツだ。

で、本題。

たまったらぬくという事が大事。
もしかしたら、知らないうちに、ぬく事が恐怖になっているのかも。
そして、すべてが水の泡になる可能性だってある。

世の中をちんぽにたとえる

一生懸命だと、疲れていることに気づきにくい。
そのため、無理な状態をずーっと継続してしまう。
劣化したゴムが引っ張られている状態ね。

で、あるとき、プチンと切れちゃう。
そうなったとき、全てのやる気がなくなってしまう。

勉強なんてやってられっか。
やれセクハラだ!やれ改ざんだ!、何だこの世の中は。
社会に反発しちゃうよね。

同時に立つ。
パンツが押さえつけに入るが、これでもか!というくらい抵抗する。
パンツを突き破ることはなく、結局は観念するんだけど、また反発する。
世の中もちんぽも同じだよ。



ぬいてこーぜ

プチンときれちゃったら、なかなか元には戻れないよね。
時間をかけて切れた分、修復にも時間がかかっちゃう。

で、世の中に反発するときってのは、大体人生においても、大事な時期なんじゃないかなぁ。
将来どうやって生きていくとか、就職とか進学とか、いわゆる岐路に差し掛かる時期。

こんな大事な時期に、プチンときれちゃうよりも、切れない方が、当然いい。
それで、ぬいていこうよ♪という事なの。

がーっとがんばって、まだまだがんばれそうなときでもね、
一息入れてみると良い、あえて。
がーっと的を絞ってやった後は、すこしぬく。

たとえば、期末試験ね。
期末試験に向けてがーっと勉強するよね。
本チャンは入試なんだけど、まぁ1区切りという事でちょっとぬくの。

よく勉強前に、机についたとたんぬくヤツがいるけど、
それはダメよ。
2回目、3回目と妙にがんばちゃって、ヘトヘトになって、すぐ寝ちゃう。
一人でやってても、ズン!と疲れはくるからね。
これは現実逃避よ。

あと、付け加えておくと寝る前もやめたほうがいいらしい。
興奮して眠りが浅くなるらしいのよ。

ぬくなら、朝立ち!!いっぱーっつ!!!ってのはどうでしょう。
眠くても、眠くても、ぬくためだったらパット目は覚めます。

またまた、だいぶ話が脱線しましたね。
がーっと的を絞ってやった後は、すこしぬく、
これは、部活の試合でも、ピアノのコンクールでも、 何でも同じだよ。

通過点でも、そこを目指してたなら、
終わった時点で、あえてすこしぬいてあげるのよ。




人生は通過点だらけだよ。
ゴールしたとたん、ゴールも通過点になっちゃうでしょ。

定期的にぬく

実際に、シコシコと週何?or毎日ぬいてるように、
いったん緩めてみると、新しい感覚に気づくことがある。
だから、毎日なら逆に休んでみて。

ぬくことで、次またがんばれるし、何よりもゴムが腐らない。
腐ったゴムは切れやすいからダメ。


がんばってるときってのは、がんばってるか気づきにくいので、
ちょっと頭にとどめておいて、時々ぬいてみて。

但し、ぬ・き・す・ぎ・は注意よ。

では。

 

次は

数年ぶりのスノボーで注意すべき道具の事|スキー場ショップ店長情報あり

男には女以上にパンツが必需品|こんな所で勃起した己自身の身の隠し

をお送り致します♪






■オススメサイト
■過去のクサレ記事のまとめリンク