このエントリーをはてなブックマークに追加

店、割り勘の過剰請求に気付く為のたった1つだけの訓練

  今日も多くの方に読んで頂いておりますBabBubを選んで頂き、まことにありがとうございます


あるある、店の過剰請求

店からの過剰請求。
その時は気付きません。
後になって、そういえばっ!!と思い出します。
しまった、払い過ぎだった。



もったいない事をしました。
100円、200円でも損だし、3千円4千円ともなれば大損です。
時には万単位で過剰請求されてる事も。
これはもう、ぼったくりの域ですね。

で、ファミリーレストランの様な、いたって普通の飲食店でも過剰請求はあります。
追加注文毎に伝票を追加してもらえるので、過剰請求はないように思えますが・・・。
ところが、これが落とし穴です。

特にファミリーレストランで、飲んだりすると、
追加注文、追加注文で、伝票が10枚、20枚はアッという間です。
その時、友達を呼ぼうという話になりました。
やがて友達が途中参加しました。
途中参加した友達は、この伝票から割り勘ねって事で、目印を付けておきます。
目印のある伝票までは2人で割り勘、目印以降の伝票は途中参加の友達と3人で割り勘といった具合に。
途中参加でも参加した時点からの割り勘になるので、安心して飲み食いできます。
ハイッこれが、悪気のない過剰請求の元になります。

まぁ、言い方悪いですが、深夜の店員さんも眠いし、早く帰りたいし、
いつまでもダラダラ飲んでる客に、心からの接客もなかなか難しい事です。

そんな事も重なって、悪気のない過剰請求が発生するんです。
すみませ~ん!!追加注文いいですか!?
お客様、もう閉店の時間でございます。!!
しぶしぶレジへ。
目印のあるココまでの伝票は2人で割り勘、それ以降は3人で割り勘にします。

で、お金払って、外に出て、次どうする??なんて言って、翌朝!!思ったよりお金使ってる事に気付く。
どこで使ったっけ!?
そういえば、ファミリーレストラン、ポテトフライと飲み物しか頼んでないのに、メッチャ高くねぇ!?
そうです、過剰請求にそのまま過剰支払いしてたんです。



目印があろうがなかろうが、追加注文は都度、一番最後の伝票の合計金額に加算されていきます。
「目印の伝票の合計金額を2人で割り勘」までは正しいんですけど、その次が問題でした。
残りを3人で割り勘する場合、最後の伝票の合計金額から、
目印のある伝票の合計金額を引いて、その差額を3で割らなければ過剰請求となります。
つまり、2人で割り勘した時点で、目印の伝票までの精算は完了していているにも関わらず、
一番最後の伝票で、再び目印のある伝票を含め、支払いした事になります。

確かに酔ってます、店員も帰りたいです、悪気のない過剰請求が、ここに成り立っちゃいました。
翌朝、過剰請求に気付き、損したー損したー、せっかくの楽しかった事が悔しい思いへと変わっていきます。

そこで、店の過剰請求に気付く為のたった1つだけの訓練を紹介します。
これは、店での割り勘だけでなく、ガソリンスタンドやスーパー、
お金を支払う時に損をしないための訓練です。

店の過剰請求翌朝からの対応

レシートを残してあったなら、返金は可能でしょう。
しかし、飲んでるとレシートなんかとってない。
むしろ、お金なんて気にせず飲もうよ♪って事になりがち。
まぁ、こういう気持ちが過剰請求という、損を招く事になります。

また、2件3件ってはしごしてると、どこでどれだけお金使ったかなんて、覚えてません。
おまけにレシートがなければ、過剰請求の証拠もなく、過剰請求のお金は捨てたようなものです。

悲しいから忘れよ。
そして、また別の時、過剰に支払っちゃうんですよね。
店、割り勘の過剰請求に気付く為のたった1つだけの訓練をしておかないと、過剰支払いを繰り返しちゃいます。

過剰請求発生場所

前に少し触れましたけどね、過剰請求はいろんなところにあります。

居酒屋、割り勘で計算ミスって事も往々にあるでしょう。
また、1品1品いくらいくらって計算してないし、店側のミスもあるでしょうしね。
完全にどんぶり勘定です。

スーパーでもコンビにでも、レジを通す時、もっというと財布の口を開いてお金を支払う時には、
必ず過剰請求の危険性があるという事を認識しておきましょう。

1円たりとも、多くは払わん!!というケチの話とはまた別の話ですけどね。
過剰請求で支払うくらいなら、おごってあげた方がどれだけマシな事か。


そこで次はいよいよ、店、割り勘の過剰請求に気付く為のたった1つだけの訓練についてです。

店、割り勘の過剰請求に気付く為のたった1つだけの訓練

店、割り勘の過剰請求に気付く為のたった1つだけの訓練、それは一言でいうならイメージです。

お金を気にせずに遊ぶ!!
かっこよく聞こえます、でもそれってバカです。
今いくらお金があって、いくら分までは遊べるのかと、酒に酔っても把握しておくべきです。
財布に金もないのに高級店に入るようなものです。



イメージって言ったのは、大体これぐらいの食事だったらいくら、
これぐらいの品だったらいくら、
2時間なのでいくら、とお金の感覚は常にないといけないという事です。
お金使って満足を得ているわけですから、この感覚は必須です。

コンビにでもスーパーでも、買い物かごに入れてから、支払いをする前に大体いくらからイメージします。
子供と食事に行って、食事代がいくらか当てる様なゲームをどこでもやるんです。

飲んでる時も同じ、コレぐらいの気持ちよさで、おいしい食べ物、お酒、店内の雰囲気、
大体いくらくらいだなぁとイメージするんです。
これが、店、割り勘の過剰請求に気付く為のたった1つだけの訓練です。

するとアレッなんだか高くない!?って感覚的に過剰請求に気付く事ができます。
今後一切、過剰請求にひっかかる事はなくなります。

次は

子供がゲームにはまる事を心配しない方法

初めてのゴルフ場!コースや地図を確認しナイスプレイ|ネット予約も

をお送り致します♪







■オススメサイト ■現在のオススメ記事 ■過去のクサレ記事リンク--201611-201702--
  • プレゼントのヒント
    彼氏彼女や子供!プレゼントで迷う時はコレ


  • IT関係
    パソコンやブログ運営やSEO対策までも!


  • 上手な生き方
    上手に生きる人が恋愛結婚子育て仕事!人生成功する


  • 知識
    知らないより知ってる方が得!知識を得て経験値を増やす