このエントリーをはてなブックマークに追加

夏のゴルフを涼しくプレーする方法

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


夏にゴルフなんてやってられっか!!

ゴルフと言えば紳士なスポーツ。
「紳士」という言葉があるだけで、空振りチョロ球を今のは素振りね!!と言ってごまかしたり、右足下がりだからと言ってバレない様に打ちやすい場所に球を手で移動させる事もやりにくくなりますよね。
人は誰でも、誰も見てない時はついついズルしちゃいますから。
紳士はズルはしません。

俺は紳士じゃねぇ!!
ハイッ!!私は時々、球を持ち上げては自然な場所に転がします。
そりゃ、セカンドショットで木の枝に当たるよりは、グリーン手前に落としたいですよ。
ロストの場合はポケットから予備球をポロリ。



気になる続きを読む
へたくそなゴルフやってるとね、夏はしんどいんです。
何たったって暑い!!
それから虫。
日焼け。
汗だく。
なんとか、夏でも涼しくゴルフを楽しみたいものです。

水分補給はこまめにね

雪国なんかだと、夏は暑いからってシーズンオフにしちゃうと、実質年間2シーズンしかプレーできないですよね。
冬は雪が降ります。
雪が積もればゴルフにならないでしょうし、積もらないにしても凍ったグリーンでは、球以上に人が滑ります。
ナイスオン!!どころかナイスイン!!の掛け声も皆無でしょう。
春、秋だけだとやっぱりゴルフの上達は、遅くなっちゃいますよね。

うまくなる為には夏ゴルフ!!
ゴルフ好きな人は夏でもゴルフします。
夏のゴルフは、いくら涼しくても水分補給はこまめにしないといけません。
夏のゴルフ場で熱中症ほど、危険なものはありませんよ。
万が一、熱中症かなと思ったなら、早めにクラブハウスへ連絡です。

緊急時の連絡先や連絡手段は必ず確認しておきましょう。
紳士はこのあたりの段取りも紳士な対応をします。

実は夏の暑い時にスコアが伸びる

熱中症の危険を冒してまで、ゴルフなんてやってられっか!!って思う人は多いと思います。
しかし実は夏の暑い時にこそスコアが伸びます。



理由は、暑さのあまりヘロヘロで程よく力が抜けるからです。
いつもなら無意識で力ぶんぶんでクラブを振り回してしまうところ、暑さで逆に無意識に力が抜けます。
この時、ヘッドがはしって、いつもにないナイスショットが連発します。

さぁ、暑さを見方につけて、夏こそゴルフです。
しかし、夏でも涼しいゴルフができたなら、人生で楽しい時間が増えた様なものですよね。
そこで、夏のゴルフを涼しくプレーする方法です。

夏のゴルフを涼しくプレーする方法

夏のゴルフを涼しくプレーする方法を3つ紹介します。
まず1つ目です。
夏のゴルフを涼しくプレーする方法、その1は涼しいゴルフ場を選ぶ事です。
標高が100メートル上がる毎に、気温は0.6度下がると言われています。
1000メートル上がると6度も気温が下がります。
地上で30度であったなら、ゴルフ場では24度です。
四季が変わっちゃいますね。
ちなみに、標高の高いゴルフ場が多いのは、長野県です。
標高でゴルフ場を選ぶ!!というのが1点目です。

とは言っても、ゴルフ場の多くは高台にあり、周りは木に囲まれ、地面は芝や草です。
地上と比べれば相当涼しく感じます。
地上特有の、反射熱や照り返しの暑さはありません。



夏のゴルフを涼しくプレーする方法その2は、早朝ゴルフです。
夏は、日の出が早いので、早朝ゴルフをやってるゴルフ場は多いです。
日の出と供にプレーすれば、昼前には終わり、一番暑い時間を避ける事ができます。
昼過ぎにスタートする薄暮もありますけど、時間帯的にも早朝の方が涼しいですね。
通常プレーに比べ、お値段も安いです。

夏のゴルフを涼しくプレーする方法その3です。
当たり前の事なんですが、ゴルフが上手くなる事です。

スコアごまかしなど紳士あるまじき行為を繰り返すのではなく、ゴルフが上手なら、夏でも涼しいゴルフができます。
その時はゴルフが大好きになっているでしょうし、夏にゴルフなんてやってられっか!!なんてコレッポッチも思わない事でしょう。

夏に涼しいゴルフをプレーする!!という目標を立て、練習してみてはいかがでしょうか。
なんだかんだ言って、夏のゴルフを涼しくプレーする方法は、腕を磨くことです。
紳士には、夏の暑さをも感じさせません。

 

次は

スマフォ機種変の注意点|接続端子Type-Cで充電できない可能性

手戻りなし最短で仕上げるたったこれだけのコツ|遅い亀より早いうさぎ

をお送り致します♪






■オススメサイト
■過去のクサレ記事のまとめリンク