このエントリーをはてなブックマークに追加

あの人よりはマシと考えてしまうが汚い考え方なのか

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


自分はあの人よりマシなんじゃないか

じつはですね、人生おもしろくない時、人と比べてしまうんです。

あの人よりはマシだから、あの人には勝ってるから、
そうやって自分自身を納得させてるんです。


教えてください。
あの人よりはマシと考えてしまう事は、汚い考え方なのでしょうか。



タダで続きを読む
例えばですね、役職。
あの人の方が役職は上だけど、結婚はまだだし、あの人よりはマシ。

給料。
同じ歳であの人の方が給料が上、でも見た目とか、交友関係であの人よりはマシ。

時々思います。
こういう考え方って汚いなって。
自分でも汚い考え方してるって気付くんです。

でも、どうしてもあの人よりはマシと、比べて考えてしまいます。

人と比べる

人生はいかに幸せを感じるかです。

お金があっても、お金で買えないものがあります。
時間があっても、お金がない場合もあります。
家族があっても会話がなかったり。

ところで、苦しみの中にも幸せは見出せる事ができます。
むしろ、苦しみがあるからこそ、幸せがあるのではないかとさへ思うのです。

仕事に追われるが故に、ちょっとした一息が至福の時となったり。
離れていても、大切な人の写真を見て元気をもらったり。
子育て中、子供の一言が苦労を吹き飛ばしたり。
介護中、容体が良いだけで、みんなで笑顔だったり。



あの人よりはマシという考え方では、こういった発想に至りません。
なぜなら、人と比べる=競争だからです。
そもそも幸せという比べられないものを競争するんでは、結論がなく解決に至りません。

確かにあの人よりはマシと考える事で、慰めにはなるでしょう。
しかしそれは、一時的な錯覚です。

人生は幸せをどう感じるかです。
そのヒントは、人と比べない、物差しは自分です。

物差しは自分

人生には、寂しい時、辛い時があります。
むしろ、それらを自ら探しているのではないか!!というようにも感じる時があります。
そして、そこから抜け出すために、人と比べる。
あの人よりはマシだからと。

物差しを自分に持つことで、人と比べるという事はなくなります。
比べるべきは、過去の自分と今の自分です。

どれだけ広い心を持てるようになったのか、どれだけ成長したのか。

人と比べないので、人をけなす事がなくなります。
好き嫌いはあっても、いがみ合いはなくなります。

自分だけがという考え方じゃなく、みんなで助け合いという考え方になります。

給料が高かろうが、低かろうが、役職があろうがなかろうが関係ありません。
今、その時間を一緒にすごしているんです。

あの人よりはマシと考えてしまうが汚い考え方なのか

あの人よりはマシと考えてしまうのは、汚い考え方なのでしょうか。
答えはYESでもなければNoでもありません。

自然に浮かんでくる考えに、汚いも汚くないもありません。

考えに素直になって向き合う。
その考え方が汚いなと思うんであれば、それは自分が納得していないんです。
考え方というのは変える事ができます。




例えば災害に合ったとします。
そうすると、今までは人と比べてばかりいたのが、仲間意識が芽生えます。
あの人よりはマシではなく、あの人に何かできる事はないか。
助け合いの気持ちになれます。

例えばボランティア活動に参加してみます。
活動を通して、自分が心地良いと感じる考え方になれます。

あの人よりはマシと考えてしまうが、それが汚い考え方なのかというと、
決して汚くはありません。

人生の幸せを得ようとした時には、苦しみの中にも幸せを見出す必要があり、
むしろ、苦しみの中にこそ幸せが潜んでいるのではないかとさへ思えます。

幸せは、人と比べる事で得られるものではなく、
そもそも比べられるものでもありません。

自分自信を物差しに、自然な行動や考え方に違和感を覚えたなら、変えれば良いのです。

 

次は

その決断ちょっと待って|焦る決断に要注意

マナーあるくしゃみの仕方!かわいいくしゃみの仕方も!!

をお送り致します♪






■オススメサイト
■過去のクサレ記事のまとめリンク