このエントリーをはてなブックマークに追加

ワタリガニと台湾ガニ通称アオガニは別物|ズワイガニ・タラバガニを超えるうまさ

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


カニの季節になりました

カニの季節。

11月位から2月位まで。

中には、上の時期じゃない食べごろのカニもいるみたい。

しかし、ズワイガニやタラバガニ、その他多くのカニは、大体寒い時期がおいしい。

ワタリガニと台湾ガニ(アオガニ)も同じだ。

なんせ、カニは脱皮するから。

脱皮する位の時期は、甲羅もベラベラで柔く、身も水っぽくて、味が悪い。

かぱっと、甲羅をとると、身はスッカスッカ。

その時のショックはでかいっすね。

うん、というか、持ったときに軽い。

ずっしり感がなく、まるでスポンジを持ち上げているような感じ。

気になる続きを読む

ところで、ワタリガニと台湾ガニ(アオガニ)は見た目はほとんど一緒

日本のカニというと、ズワイガニやタラバガニ、毛ガニなどが王道だ。

しかし、忘れちゃならないのが、ワタリガニ。

ワタリガニはめちゃくちゃうまい。

冬にショッピングで販売されるような王道ガニとは比べ物にならない程、味がいい。

最近は、販売店ができ、地元住民の口に入らない位、流通している。

よって、ワタリガニの大きさにもよるが、一匹三千円という値が付くカニも。

でも、確かにうまい。

一匹食べたら、おなか一杯になる。

しかし、カニ好きとしても、一匹三千円ものカニを、たくさん食べる事ができない。

たとえ、おなかにスペースがあったとしても。

そこで、台湾ガニ。

台湾ガニは、ワタリガニよりも青い色をしているので、アオガニとも呼ばれる。

本当は画像を載せるのが分かりやすいですが、エイリアンに見える人もいらっしゃるので、今回は動画にします。

面白い動画だから、ぜひ見てください。

動画は文章の終わりにあります。

アオガニ

一部では、アオガニもワタリガニと言ってる様ですが、アオガニとワタリガニは区別しています。

アオガニは、ワタリガニよりもちょっと小柄ですが、身がつまっています。

カニは、大きさだけではなく、持ったときの重さによって、身のつまり具合が一瞬で分かります。

そして、身がつまっていれば、つまっているほどおいしい。

さらに、ワタリガニやアオガニを食べるならメス。

カニ全般といってもいいかもしれませんが、メスの方がおいしい。

これは、好みでしょうか、食べ比べてみてください。

メスの方が、うまみが濃いというか、脂がのってるというか。

オスの方はたんぱくというか。

もちろんオスもおいしいですけどね。

そうそう、アオガニですよね。

値段もワタリガニよりも安いです。

味もワタリガニに似ています。

一度、アオガニを試してください。

ワタリガニとは見た時の色が違うので、見た目で判断できると思います。

ちなみに以下の動画は、ワタリガニです。

ところで、カニですが、タラバやズワイが付くとガニになりますよね。

ワタリカニってなんか変。

ケカニも。

ユーチューブサイトで見る: ワタリガニ袋詰めにされることが分かっていたのか!ゲロ吐いた

 

次は

子供の挑戦|子供の未来を良くする1つの方法

相手を試す資料の作成方法|逆に報告を受ける側なら気をつけろ

をお送り致します♪






■オススメサイト
■過去のクサレ記事のまとめリンク