このエントリーをはてなブックマークに追加

年間300冊は簡単にクリア|速読ではなく速聴なら大量の本が読める

  あぱちーど☆彡世界で読まれる日本のBabBub(バァブヴゥブ)


まだ速読で消費してるの?

まだ速読で消費してるの?

速読は時間とパワーを大量に消費するでしょ。
パワーの少ない状態で本を読んでも、
目で字を追ってるだけで、何も頭に入ってこない事ってありません!?

本を大量に読もうと思うなら、
時間とパワーを節約しながら、
スピードが大事です。

更に更に、本を読みながら、別の事が同時進行できれば、
大量の時間節約になるよね。

例えば、掃除機をかけながら本を読むとか、
運転しながら本を読むとかね。

そんな事できるわけないでしょ!!
チッチッチ、今の時代、読書は同時進行ですよ。

タダで続きを読む

本は聴くもの

目は口ほどにものを言う。
ことわざにもある通り、目は忙しいのです。
見て、しゃべって、寝て、24時間、目がフリーって事ってないでしょ。
つまり、目からの読書で、同時進行は難しいという事。

どういう事でしょう??

目よりも情報のインプット能力は高いくせに、
暇してる部位があるでしょ。



耳です。
耳。

目が能動的に情報をインプットしようとするなら、
耳は受動的です。
そう、待機中の状態なんです。


それで、耳で本を聴いちゃおうというわけ。
速読じゃなく、今の時代は速聴なのよね。
速聴なら、大量の本が読める。
年間300冊は簡単にクリアできるよ。

音声化した本を売ってるから、
ネットで調べてみて。


聴く本

聴く本の機能に、倍速があるの。
2倍だけでなく、1.5倍や3倍、4倍とスピードを上げる事ができる。

速読ならぬ速聴よね。
速聴なら、同時進行ができる。
掃除機をかけならが本を聴くとか、
運転しながら本を聴くとか。

ね、同時進行可能でしょ。
さらに倍速の機能で、時間節約。

待機中の耳を使うわけだから、
忙しい目を酷使する事もなく、
パワーも温存しながら読書できますよ。

本を大量に読もうと思うなら、
時間とパワーを節約しながら、でしたよね。

年間300冊は簡単にクリア

速読もだけどね、速聴も訓練は必要。
訓練といってもね、速読よりも相当簡単な訓練だから安心して。

最初からね、4倍速は聴き取れないの。
ゴニョゴニョゴニョで、何って言ってるか分からない。

速読を意識して、ざぁーっと流し読みしても、
本の内容って全く頭に入ってこないでしょ。
最初はその状態。

それでね、最初は1.5倍、1.5倍に慣れてきたところで、
2倍、3倍とだんだんとスピードを上げていくの。

速読の訓練って結構大変だったじゃやない。
速聴はね、楽。
ホント楽。
受身だから。

流れる音声をしっかりキャッチするよう心がける。
それだけ。
1度読んだ本を2回、3回と繰り返し聴いても良いと思うよ。
繰り返しにより本の内容は頭に入っているので、
後は耳が慣れるだけだからね。

4倍速で速聴できるようになったなら、
1日1冊でも、余裕で大量の時間が余るよ。
同時進行なので、読書の時間を改めて確保する必要もない。
今からすぐできるでしょ。

あー耳が暇してんなぁーって時に、
スマフォで本を聴くだけ。



年間300冊は簡単にクリアできるって。

ライバルに差をつけるなら、本は速読ではなく速聴がオススメよ。

 

次は

えっ!青なまこより赤なまこが高価?|なまこの調理と保存期間

勘違いするな!マスターベーションは一人だけのものじゃない|一人H

をお送り致します♪






■オススメサイト
■過去のクサレ記事のまとめリンク